■ VR鉄道建設プロジェクト ■ 

思い出の駅、懐かしの車両、そして遥かなる未来へー。
VR鉄道建設プロジェクト



バーチャルリアリティ空間上に実物大の鉄道を建設。 最先端技術で鉄道趣味に一大革命を! 「VR戦艦大和」の神田技研が挑む巨大プロジェクト。

クラウドファウンディング「VR鉄道建設プロジェクト」
CAMPFIREにて募集中


 ◆支援総額・リツイート数に応じて線路を延伸。VR鉄道の建設に参加しよう! 

東京駅を起点とし、東海道線・山手線・中央線より建設開始します。
なお資金募集中に達成した路線はCAMPFIRE支援者様にもれなく贈呈いたします。

 ■VR鉄道建設 延伸の状況:2017/10/19

 ●山手線:2069m 品川駅→大崎駅→五反田駅へ
 2069リツイートで2069m

 ●中央線:3246m 東京駅→神田駅→御茶ノ水駅→水道橋駅へ
 3222フォロー+24シェアで3246m

 ●東海道線:1832m 東京駅→有楽町駅→新橋駅へ
 916,000円の支援で1832m

Twitter リツイートごとに山手線1mを延長
品川駅を起点とし、1リツイートごとに山手線外回りを1mを延伸していきます。
こちらのリツイートで拡散・応援お願いいたします!


Twitter 1フォロー&Facebook 1シェアごとに中央線1mを延長
東京駅を起点とし、1フォロー&1シェアごとに中央線を中野駅まで1mを延長していきます。
こちらのtwitterアカウントのフォロー& こちらのFacebook投稿のシェアで応援お願いいたします!


CAMPFIRE総支援額に応じて東海道線を延伸
東京駅を起点とし、1000円の支援が集まるごとに横浜方面に向かって2m線路を延伸します。



(VR鉄道 計画路線図。資金募集期間中は延伸状況を毎日更新)




早期に目標金額を達成した場合は、ストレッチゴールとして横川〜軽井沢など他の路線も建設する計画です。

SNSで拡散してVR鉄道建設を応援しよう!

◆VRで可能となった新しい感動を更に広げていきたい

VR戦艦大和・VR日本海海戦を上梓し、次のプロジェクトとして、より多くの人々にVRの感動を体験して頂きたく思い、日本人の代表的心象風景である鉄道をテーマに「VR鉄道建設プロジェクト」を立ち上げることにしました。

鉄道は多くの人々にとって思い出の風景です。

通学で毎日乗車した懐かしい車両と駅、
故郷をあとに初めて降り立った都会の駅、
家族で遊びにいったターミナル駅の百貨店。

そして未来の高速鉄道ーーー。

これらの風景をVR空間上に建設することで、鉄道趣味に大きな地平を開くと共に、VRの新たな可能性が開けるのではないかと考えております。


◆第一弾はブルートレイン

第一弾は、80年代の鉄道ファンの憧れであり、高速鉄道の出現とともに姿を消していったブルートレインを中心に制作いたします。

外観だけでなく寝台内部も作成するため、30〜40代の方に楽しめることはもちろん、寝台列車に乗ることが叶わぬ若い鉄道ファンにとっては、いかばかりか新鮮な体験ができるでしょう。
なお現在の鉄道ファンにも楽しめるよう、2万円以上の支援者には山手線で現在活躍中のE231系をプレゼントします。

対応プラットフォームはPlayStation VR, HTC Vive, Oculus RiftなどメジャーなVR機器での発売を予定しており、リリース時期は2018年夏を予定しております。





◆VR鉄道で取り組む新要素

VR鉄道では鉄道趣味に新風を巻き起こすべく、最先端技術により可能となる新しい要素に取り組んでいきます。


●(株)ゼンリン様の3Dデータを使用し、実測にもとづいたリアルな街並みを再現
ゼンリン様のデータをもとに路線と街のモデルを作成し、実測に基づいたリアルな風景を作成します。
なおVR空間に作成された駅や街は自由に歩くことが可能です。


(©ゼンリン)



●運転・車窓モード
従来の鉄道ゲームで実装されている車両の運転はもちろんのこと、クロスシートに座り、車窓からの風景を楽しむといったVRならではの楽しみ方が可能。第一弾のブルートレインでは寝台ベッドで横になりながら、車窓の風景を楽しむこともでき、まるで鉄道旅行をしている気分が味わえます。



(開発中の寝台車内部)


●自分で街と路線を建設できる、クラフトツール(MOD機能)を搭載
クラフトツールを用意し、路線や建物をVR空間上に自由に敷設可能にします。
またMayaやメタセコイアといった3Dツールで作成した車両・建造物データを読み込み、自由に運転・配置可能にします。
更にVRの大きな特徴である立体視を利用し、建造物を手でつかんで置くというシンプルな操作を実装し、子供から大人まで楽しめるものにしたいと考えております。

クラフトツールで近所の路線や思い出の場所、四国新幹線や山陰新幹線といった未来の路線を建設することも可能です。

※3Dモデルはxファイル形式をサポート予定。


●鉄道模型モード
3Dモデルを縮小表示し、鉄道模型のように俯瞰視点で楽しむモードを用意。鉄道模型のネックであったスペースの制約を気にせずレイアウトを作成可能。スケーリングでZ・N・HO・O・Gゲージまで変幻自在となります。




●撮影モード
撮り鉄用モード。現実では進入できない場所からベストショットを気兼ねなく撮影可能。場所取りにも困りません。




●VRモード/2Dモード両対応
VRゴーグルを使ったモードはもちろんのこと、VRゴーグルをお持ちでない方もプレイできる「2D-FPSモード」も実装します。

●マルチプレイ
同一のVR空間に複数のプレイヤーが同時にログインできるマルチプレイを実装します。
これにより友達同士でVR空間上の観光地を旅行したり、お年寄りとともに思い出の場所に訪問することも可能です。

 ◆リターンについて 

ご支援金額に応じて以下のリターンを用意いたしました。

●3,000円 VR鉄道 基本セット CAMPFIRE支援者特別版 早期割引

 50セットまで
(内容は4000円のリターンと同じものです)



●4,000円 VR鉄道 基本セット CAMPFIRE支援者特別版
セット内容:
・VR鉄道 基本セット ダウンロード版。PlayStation VR版、HTC Vive版、Oculus Rift版のいずれか1つ。
・EF65 電気機関車1000番台のデジタル3Dモデルデータ(※以下、「3Dモデル」とは「デジタルの3Dモデルデータ」を指します)。
・24系客車の3Dモデル。
・CAMPFIRE資金募集中に達成した路線と駅の3Dモデル。
・CAMPFIRE資金募集中に「ご希望の車両1両を3Dモデルで制作」「ご希望の車両1編成を3Dモデルで制作」で制作が決定した車両の3Dモデル。
・クラフトツール(MODツール)
・VR鉄道 記念絵はがき


(※写真は参考画像です。車両番号は仮のものです。以下同じ)




●6,000円 EF65 電気機関車500番台
EF65 電気機関車500番台の3Dモデルを追加でプレゼントします。
+4000円以下の内容すべて。





●8,000円 DD51形 ディーゼル機関車
DD51形 ディーゼル機関車の3Dモデルを追加でプレゼントします。
+6000円以下の内容すべて。





●10,000円 EF58形 電気機関車
EF58形 電気機関車の3Dモデルを追加でプレゼントします。
+あなたのお名前をVR鉄道のスタッフロールに掲載。
+8000円以下の内容すべて。





●12,000円 EF81形 電気機関車
EF81形 電気機関車の3Dモデルを追加でプレゼントします。
+10,000円以下の内容すべて。





●14,000円 EF66形 電気機関車
EF66形 電気機関車の3Dモデルを追加でプレゼントします。
+12,000円以下の内容すべて。





●17,000円 103系電車
103系電車(各種塗装)の3Dモデルを追加でプレゼントします。
+14,000円以下の内容すべて。





●20,000円 E231系電車
E231系電車(各種塗装)の3Dモデルを追加でプレゼントします。
+17,000円以下の内容すべて。
+開発中のVR鉄道の見学に神田技研オフィスへご招待します。(3か月に1度開催予定。交通費は支援者様でご負担ください)





●50,000円 あなたの家を3Dモデルで制作
あなたの家を3Dモデルで制作します。
・制作された3DモデルはクラフトツールでVR空間に配置できます。
・今住んでいる家だけでなく、故郷の実家や住みたい家の3面図でもOKです。家の写真と3面図をお送りください。
・サイズは50坪3階建てまで。内部の制作は壁・床・扉のみ。
・3Dモデルはご自由にお使いいただけますが、3Dモデルの著作権は弊社に帰属します。
+20,000円以下の内容すべて。



(5万円でVR空間に夢のマイホームを建築)



●150,000円 あなたの豪邸を3Dモデルで制作
あなたのお住まいのマンション・集合住宅・豪邸を3Dモデルで制作。
・制作された3DモデルはクラフトツールでVR空間に配置できます。
・実在しない建物でもOKです。建物の写真と3面図、もしくはイメージ図をお送りください。
・サイズは面積2500平方メートル(50m x 50m)、高さ50mまで。内部の制作は壁・床・扉のみ。
・3Dモデルはご自由にお使いいただけますが、3Dモデルの著作権は弊社に帰属します。
+20,000円以下の内容すべて。

(VR空間なら豪邸に住むことも可能)




●160,000円 あなたの家をNゲージ模型で制作
あなたの家をNゲージで使用可能な1/150模型で実際に制作します。
・サイズは50坪3階建てまで(模型の実寸約10cm x 10cm x 10cm)。
+20,000円以下の内容すべて。
+家の3Dモデル


●200,000円 ご希望の駅を3Dモデルで制作
ご希望の駅を3Dモデルで制作します。
・実在の駅でも自分の名を冠したオリジナルの駅でも制作いたします。
・さらに駅名の音声アナウンスも収録します。
・実在の駅の場合、CAMPFIRE資金募集中に支援された方全員にプレゼントされます。
・スタッフロールに駅名とともに支援者様のお名前を記載します。
・さらに駅名の音声アナウンスも収録。
・作成された3DモデルはクラフトツールでVR空間に配置できます。
・サイズは260m x 60m x 高さ60mまで。
・制作箇所はプラットフォームと駅舎のみ。駅舎内部は簡易的な仕切りのみ作成。
・3Dモデルは非商用のみ利用可能です。著作権は弊社に帰属します。
+20,000円以下の内容すべて。



(上は飛騨古川駅。VRなら家に居ながらにして旅行・聖地巡礼が可能に)



●200,000円 ご希望の車両1両を3Dモデルで制作
ご希望の車両1両を3Dモデルで制作します。
・スタッフロールに車両名とともに支援者様のお名前を記載します。
・車両はCAMPFIRE資金募集中に支援された方全員にプレゼントされます。
・昔の車両でもOKですが、資料があるものに限ります。
・3Dモデルは非商用のみ利用可能です。3Dモデルの著作権は弊社に帰属します。
+20,000円以下の内容すべて。

(参考画像)




●450,000円 ご希望の車両1編成を3Dモデルで制作
ご希望の車両1編成を3Dモデルで制作します。
・スタッフロールに車両名とともに支援者様のお名前を記載します。
・車両はCAMPFIRE資金募集中に支援された方全員にプレゼントされます。
・昔の車両でもOKですが、資料があるものに限ります。
・客車の編成の場合、機関車は除きます。
・3Dモデルは非商用のみ利用可能です。3Dモデルの著作権は弊社に帰属します。
+20,000円以下の内容すべて。

(参考画像)


●500,000円 あなたの豪邸をNゲージ模型で制作
あなたのお住まいのマンション・集合住宅・豪邸をNゲージで使用可能な1/150模型で実際に制作いたします。
・サイズは面積2500平方メートル(50m x 50m)、高さ50mまで。(模型の実寸約40cm x 40cm x 40cm)
+20,000円以下の内容すべて。
+マンション・集合住宅・豪邸の3Dモデル


●700,000円 ご希望の駅をNゲージ模型で制作
俺の駅をNゲージで使用可能な1/150模型で実際に制作いたします。
・サイズは180m x 60m x 高さ60mまで。(模型の実寸約120cm x 40cm x 40cm)
+20,000円以下の内容すべて。
+駅の3Dモデル


●800,000円 あなたの街を3Dモデルで制作
あなたの駅と街をVR空間上に3Dモデルで制作いたします。
・サイズは10000平方メートル(100mx100m)まで。(より大きな面積で作成希望の場合、この特典を複数支援してください)
・日本国内の現代の風景に限ります。
・建造物は外観のみ作成。
・3Dモデルはご自由にお使いいただけますが、3Dモデルの著作権は弊社に帰属します。
+20,000円以下の内容すべて。


(新宿駅周辺の街並み)



●1,500,000円 思い出の駅と町を3Dモデルで制作
思い出の駅と町をVR空間上に3Dモデルで制作します。
・サイズは10000平方メートル(100mx100m)まで。(より大きな面積で作成希望の場合、この特典を複数支援してください)
・昔の風景や未来の架空の風景でも制作可能です。
・建造物は外観のみ作成。
・3Dモデルはご自由にお使いいただけますが、3Dモデルの著作権は弊社に帰属します。
+20,000円以下の内容すべて。

おじいさん・おばあさんに思い出の街をプレゼントしよう!


(1952年の渋谷駅周辺。過去の風景もVR空間なら復元可能)



●リターン早見表






◆資金募集期間中に鉄道ゆかりの地でイベント開催予定

現在、VR鉄道のデモ版を制作しており、資金募集期間中に鉄道ゆかりの地でイベント開催予定です。お楽しみに!


◆支援金の用途について

ご支援いただいた資金は取材費・3DCG・プログラミングといった製作費およびリターンの制作に利用させていただく予定です。


 ◆FAQ よくある質問と答え 

Q:VR鉄道はVRゴーグルがないとプレイできませんか?
A:VR鉄道はVRゴーグルがなくてもプレイできる2D-FPSモードを搭載する予定なので、VRゴーグルがなくてもプレイできます。


Q:VR鉄道をVRで楽しむには何が必要ですか?
A:PCでVR鉄道を見る場合、以下のものが必要です。

・VRゴーグル (2017年10月現在 HTC Viveは約8万円、Oculus Riftは約6万円。寝台車で横になったりして楽しみたい方はルームスケールのあるHTC Viveを推奨。)
・ゲーミングPC(VRの動作が保証されている"VR Ready"のPCを推奨。約12〜15万円ぐらい)

PlayStation 4の場合、PlayStation VRが必要です。


Q:VRでプレイする場合、PCはどれぐらいのスペックが必要ですか?
A:HTC Vive,Oculus Rift版では以下の環境で動作する予定です(2017年10月現在)。

・GPU:NVIDIA GTX 970以上
・CPU:i5-4590以上
・RAM 8GB以上
・HDMI 1.3ビデオ端子対応
・USB 3.0ポート x2
・Windows 7 SP1、またはそれ以上

なお2D-FPSモードでプレイする場合、ノートPCでも動作可能にする予定です。


Q:CAMPFIREで支援しないとVR鉄道は手に入れらませんか?
A:VR鉄道は完成後、オンラインストアでの販売を予定しております。ただ、CAMPFIRE支援者特別版は支援期間中に達成した路線や車両がプレゼントされるお得なパックなので、この期間にご支援いただくのをお勧めいたします。


Q:VR鉄道(リターン発送時期)はいつ頃ですか?
A:2018年夏を予定しております。


Q:特典
「あなたの家を3Dモデル・Nゲージ模型で制作」
「あなたの豪邸を3Dモデル・Nゲージ模型で制作」
「ご希望の駅を3Dモデル・Nゲージ模型で制作」
「あなたの街を3Dモデルで制作」
「思い出の駅と町を3Dモデルで制作」
ですが、図や詳細はどうすればよいでしょうか?

A:ご支援いただいたのち、弊社より支援期間終了前後にご案内のメールをお送りいたします。


Q:特典
「あなたの家を3Dモデル・Nゲージ模型で制作」
「あなたの豪邸を3Dモデル・Nゲージ模型で制作」
「ご希望の駅を3Dモデル・Nゲージ模型で制作」
ですが、実在しないものでも大丈夫でしょうか?

A:実在しない建造物でも大丈夫です。 ご支援いただいたのち、弊社よりご案内のメールをお送りしますので、その後イメージ図をお送りください。


Q:「ご希望の車両1両」「ご希望の車両1編成」の特典ですが、希望の車両はどこに記載すればよいでしょうか?
A:支援時、備考欄に希望の車両名をお書きください。ご支援いただいたのち、弊社より詳細のメールをお送りします。


Q:日本国外からプロジェクトを支援することはできますか?
Q: Is it possible to back from outside Japan?


A:大変申し訳ございませんが、支援は日本国内在住の方に限らせていただいております。
海外在住の方に向けたファンディングにつきましては、別途開催を予定しております。
A: This crowdfunding project is limited to backers with residence in Japan.
A crowdfunding project for overseas backers is currently in planning.


Q:リターンの送料はかかりますか?
A:リターン(特典)の金額に、送料も含まれております。


Q:10000円以降の特典である、スタッフロール掲載の名前はどこで登録できますか?
A:支援時、備考欄に希望のお名前をお書きください。
記入を忘れた方には、後ほど登録のメッセージをお送りいたしますので、そちらをご確認ください。


Q:スタッフロール掲載の名前に制限はありますか? 本名でなくハンドルネームでも大丈夫でしょうか?
A:本名、ハンドルネームにかかわらずお好きな名前でお申し込みいただけます。
ただし、公序良俗に反する等、問題があると認められる内容の場合、変更をお願いする場合がございます。


Q:スタッフロールに掲載する名前を、後で変更することはできますか?
A:申し込み後の変更はできませんので、ご了承ください。


他にご不明な点がございましたら、kandagiken@gmail.comまでお問合せください。



◆最後に
3DCGの制作には非常に多くの人手と資金が必要です。これをお読みになられましたら、一人でも多くの鉄道ファンに拡散していただければ幸いです。

また開発メンバー(プログラマ・3Dモデラ―)・ボランティアとしてプロジェクトに参加していただける方も募集しております。


我々の手で、現在のフロンティアであるVR空間に鉄道を建設しましょう。

ご支援よろしくお願いいたします!



権利表記

JR東日本 JR西日本 商品化許諾申請中
タイトル画像:バーニア600 (画像の車両はイメージです)
列車3Dモデル:鞠江留総合車輌所
車両・駅 写真:ウィキペディアより